紫外線に注意

紫外線は、冬でも曇り空のときでも1年中降り注いでいます。

5月は一年の中で最も紫外線が危険と言われています。

 

理論上夏至の日がある6月や気温の高い7月と8月が強いと思われがちですが、6月より7月の前半は梅雨のために紫外線量は減りますし、7月と8月の猛暑の 時期は皆さん躍起になって紫外線対策をしますね。5月は8月並みに紫外線が強いにもかかわらず、気温がそれほど高くないので油断しがちなのです。

 

紫外線はシミやコラーゲンの劣化、肌の老化を引き起こす原因となると言われていますので、徹底的に紫外線から肌を守る必要があります。

日焼け止めクリームは、正しく塗ると紫外線防止に非常に効果的です。

ただ、日焼け止めは知らず知らずのうちに顔をこすったり、汗をかいたりして落ちていることが多いので、1日2~3回塗り直すことが勧められます。また、正しい量を使わないと効果が不十分になります。

 

一度に使う量は、顔の場合、クリームタイプは「真珠2つ分」液状タイプは「1円玉2枚分」の量は使うようにしましょう。首や腕なども忘れずに塗りましょう。